同位体環境学がえがく世界

同位体でわかること

続・コケ、大気汚染を語る:大気汚染はどこから来たのか?

近年、国外からやってくる大気汚染(越境大気汚染)が深刻な問題になっています。そこで、本研究では、コケに含まれる鉛同位体比を利用して、越境大気汚染の影響を評価してみました。調査地は本州中部に位置する八ヶ岳とし、標高1800―2800mの各地点からコケサンプルを採取しました。コケの鉛同位体比を分析した結果、その値は国内由来の雨や雪に含まれる鉛同位体比に近く、越境大気汚染の影響はほとんど反映されていないことが分かりました。この原因の一つとして、日本海側と比べ、本州内陸部にある八ヶ岳では、越境大気汚染の影響が相対的に小さかったことなど、が挙げられます。

くわしくみる